FUSUMA
DOUSOUKAI

お知らせ
NEWS
2024年7月17日
同窓会員による講演会のご案内

同窓会の山形大学名誉教授 菊池 仁氏による講演会のご案内です。
期日:令和6年7月20日(土) 午後2時から
場所:遊学館第1研修室
演題:「山形県の昔話『赤いこん箱(屁ひり爺)』・再論」
講師:山形大学名誉教授 菊池 仁氏(昭和48年卒業 人文3回)
資料代:500円
主催:山形県文化財保護協会

「赤いこん箱」は、山形における<花咲か爺>の話型だそうです。
興味がわいた方、ぜひ当日ご参加ください。
(注)写真と講演は関係ありません。

2024年7月4日
ふすま同窓会報第72号を発行しました!

令和6年度の会報誌を発行しました。
同窓会の活動・学生支援の状況、各支部だより、新人文社会科学部長のご挨拶、会員・学生会員からの寄稿など、内容盛りだくさんです。
「ふすまの集い」の告知も。
是非、ご覧ください。
ふすま同窓会報第72号

2024年7月1日
同窓生の皆さん! 「ふすまの集い」に集まろう‼
令和6年度ふすまの集い

令和6年度「ふすまの集い」開催が決定しました!
昨年度までの「ふすまの日・ふすまの夕べ」を今年度より「ふすまの集い」として開催します。
今回の当番幹事は、人文・理学部21回/人文・理学部36回・37回卒業の皆さんです。
◇懇親会は、令和6年10月25日(金) 18時~  於:山形国際ホテル 
会費:8,000円(事前申し込みをお願いします。)
◇令和6年10月26日(土)13時30分~ 佐藤夏雄氏(理学部第1回卒業/国立極地研究所名誉教授)にご講演いただきます。
 演題:南極の大自然と観測隊~厳しく壮大な大自然と閉ざされた環境での越冬生活~
 於: 山形大学理学部 ふすまホール
 懇親会会場と講演会会場は異なりますのでご注意ください。
 (入場は無料、事前の申し込みは不要です。)

詳細及びお申し込みについては、
「ふすまの集い」お知らせ・お申込み

2024年6月20日
「平城宮跡」ハイキングと懇親会の実施について
関西支部からの活動報告

6月2日(土)、関西支部では、「平城宮跡」へハイキングに訪れました。
加藤支部長から寄稿いただきましたので、お知らせします。

<関西支部 お知らせから一部抜粋>
大和西大寺駅を出発し、秋篠川を渡ると、早速、前支部長の里村さんが「ブラタモリ」並みの解説が始まる。「この川は、かつては蛇行した川だったが、平城宮建設時に、物資を運び入れるために、まっすぐにしたのだ」と。
 そして、平城宮跡に入る。「平城宮」は、1300年前の古代の都、平城京の「心臓部分」(今の皇居と霞が関を合わせた機能を持つ)と言える場所で、約120ヘクタール(東京ドームの約27個分)の広さを持つ広大な国立公園であり、世界遺産になっている。
 「見学会」の後は、駅近の居酒屋で懇親会。冷えたビールに、約4時間の疲れは吹っ飛んだ。ほとんどがお互い初対面の参加者同士だったが、山形や米沢での「甘酸っぱい青春の思い出」は「共通項」だった。
詳細については、
関西支部お知らせ
をご覧ください。

 次回のイベントにもたくさんの方の参加をお待ちしています!!

2024年6月17日
「山形支部第1回談話会」

6月14日(金)
山形大学人文社会科学部准教授の小幡 圭祐氏を講師にお迎えして、「地図から読み解く三島通庸の山形県都建設」をテーマにご講演いただきました。
山形県に住み慣れた会員の皆さんでも、山形の新たな歴史を知る機会となりました。
小幡先生のご講演の一端の参考として

ウェブサイト「山形アーカイブ」もご覧ください。
同じ場所の過去と現在の地図を比較できたりします。
山形支部談話会

TOP